So-net無料ブログ作成

楽天kobo での読書は辛いよ! [PC・IT]

楽天のkobo 
 6月、楽天の記者会見の後、ネットでその概要を見て、つまりほぼ発表と同時に、予約注文した。
 7月の半ば辺りに、納品はされていたようだが、おいらは居なかったので、結局開封したのは、8月も後半になってからだった。
 日経新聞の記事とかはネットで見ていたので、問題が多くあるということは認識しつつ、開封した。
 
 PCに繋ぎ、アクチベイト。
 さらに、必要なソフトウエアをダウンロードしてから、システムをアップデイト。
 Wifiを設定したり、本体の初期設定をし終えるといくつかの無料の青空文庫がダウンロードされていたが、有料の電子書籍もいくつか試しにダウンロードをした。クレジット決済にて。
 
kobo case2.jpg

 そして、すぐさま、有料の本を1冊読了した。
 
 画面は、見やすい、目に優しいと思った。
 しかし、白黒反転が頻繁、動作が時たま変?と思っていたが・・・。

 その後、余りにも使い勝手が悪いので、世間の評判を見ることにした。
 
 楽天サイトのレビューは炎上し、信じられないことだが削除されているので、価格.comでのレビューをチェックした。
 見れば、おいらと同じような見解である。余りにも酷い、未完成の商品と未完成の電子書店ということだ。
 根本は、三木谷の消費者を愚弄した発言、その意識から、すべてが起こっているのだと思うが・・・?そんな意見も多数!ホントに多数!

 その後、再度PCに接続する機会があったが、その際、最新版のソフトウエアが自動的にダウンロードされて、アップデートされた。バグ等の改修だろうか?
 さらには、PCに繋がなくてもアクチベイトが出来るようになった新しい機種もリリースされたという。
 少しはまともになったのか?

 そんな経緯だったが、昨日~本日と、有料の書籍を読了した。小説ではあるが、ノン・フィクションのような感じもして、とても面白かった。

 こんな書籍が電子的にダウンロード出来、移動中でも、海外でも、公園ででも、どこでも読めるようになったなら、きわめて快適な日々となる。
 正に電子書籍革命である。
 ライフスタイルわるし、何よりも本という物理的なもの、嵩張り重い本から解放されることになる。200gを切る重さ、新書サイズよりもちょっと小さいくらいのサイズに、1000冊分くらいの電子書籍が入るのだという。図書館を持ち運べる感覚だ。すごい!

 ところがである!

 昨日、自転車で散歩をし、途中の公園に持って行っていたので、休憩をして読書をした。とても静かな公園で、爽やかな風を感じながらの読書となった。書籍は面白いし、最高の夕暮れのひとときであった。
 日暮れとなり、スイッチを押し、電子しおりを挟み、帰宅した。
 
 本日、電子しおりを挟んだところから、続けて読もうとした。しかし、しおりを挟んだところは現れない。再起動せざるを得なくなり、結局その書籍の最初に戻ってしまった。本としては、挟んであったしおりが無くなってしまうのは、やはり辛い。
 “どこまで読んだかな?あっここだ!”と本で探すのは、ページをぱらぱらめくれば良い。
 しかし、電子書籍には、そのぱらぱらとめくるのは容易ではない。特にkoboでは。
 その代わり、検索機能がある。そこで、“確か8(章)からだった?”と思いだし、検索をしてみた。“8”で検索するも、出てきたのは18だけ。なぜに???8は出てこない。困った。
 しょうが無いので、いろいろとアナログ的に探さざるを得なくなった。とても時間がかかる!
 やっとの思いで、昨日の続きの場所を探し当てた。これでは、電子書籍としては、とんでもなく酷い。紙以下だ。

 しかし、このプロセスの中では、読んでいた本ではなく、別の本が突然選択していないのに、選択され出てきたりと、こちらの操作意図とは全く異なる動作も幾度もしたいた。バグだらけのソフトウエアの段階のレベルなのだろう?改修なんかはまだまだされていないようだ。

 本日、読みかけのこの書籍の面白さに引き込まれ、残りを一気に読むことにした。
 
 しかし、一気にめない!誤動作が多いのだ。誤操作では無い。操作は間違っていないのに、動作がおかしくなり、次のページに行くのではなく、読み終えた前のページに行ってしまうのだ。
 そうなると、面白さは一気減衰する。どこを読んでいたのか?なんだったかな?と内容がすんなり頭の中で展開されていかなくなってしまう。再度読み返し、展開し直さないといけなくなってしまう。
 それが、幾度も幾度も行われ、修正をせざるを得ない。それほど誤動作が多い。多過ぎる!
 おいらの指が悪いのか?そう疑って、正しい動きになるように、精一杯注意して操作しても、だめだ。
 6回の改ページの動作毎に1回は、電子インク方式の宿命でもある白黒反転がある。それも目障りだ。
 最近出たソニーのリーダー最新機種は16回に1回にまで白黒反転を減らせるようにソフトウエアを改良したようだ。それと比較すると、かなり遅れていることになる。
 その他にも、読書中に、辞書が立ち上がってしまったり、その他の付属ソフトウエアが立ち上がって来て、ディスターブ(邪魔)してくる。
 いくら書籍が面白くても、これほどまでに邪魔されると、集中は出来なく、腹が立ってくる。
 恐らくは、誰が使ってもそうなるであろう!最新版にアップデートしてあるにも関わらず、ちゃんと有料書籍を、正規に購入し、支払いもちゃんとしたにも関わらずである。
 三木谷よ!自分で使ってみよ!!

 これでは、読書がい。

 楽天のkoboは、こんなレベルだ。酷い。

 カナダでは、最新版のハードがリリースしたというニュースがネットにあったけど、日本版はこの最新版の前の前の機種らしい?CPUが遅い機種であり、2バイト文字の漢字や漫画を動作させれば当然動作は英語よりも遅くなることが明々白々なのに、アマゾンよりも早く市場に出さないと!ということのために、旧旧機種という不良在庫の処分という感じで日本市場に投入をしてくるというのは、完全に日本の消費者を馬鹿にしていると思う。
 最新版を日本語対応し、日本市場に最初に投入すべき話であろう。もちろん拙速では無く、十二分に検証してだ。アンドロイド4.0のマシンもあるようだし、消費者が選択出来るようにしてた。

 うちの愚妻は、koboの画面保護のために購入したケースを見て、
 
    “これ、仕方無いわよ。付属の無料のケースでしょ!?”
 
と曰った。
 
    “いや3千円のスタイリッシュ・ケースだよ。
                    楽天のオススメを買ったんだよ!”
 
と言ったら、驚いていた。
 
    “これが???” (-_-)
 
 すべてが、酷いレベルだ。

 もう、koboでは有料の本を買うのは止めるつもりだ。無料の青空文庫だけを読むマシンとしよう!勿体無いからね。
 青空文庫の、風の又三郎は方言部分かきつかった。もうダウンロードしてあるから、次は走れメロスを読むことにしよう!坊ちゃんももう入れてある。
 
 
 アマゾンのキンドルか、ソニーのリーダーを買おうかな?
 
sony reader.jpg

 まともな電子書籍リーダーとまともな電子書店の体制を整えたところにしないと、まともな電子書籍による読書生活が出来ないからね。

 ホント、楽天kobo、酷い!!!
 
 
 
 
 
 
サイト・リニューアル!ご注文が簡単になりましたよ! しかも、とってもお安くね!!
      こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/ 
tabacco agent 123.jpg
こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/
大人気のキャメルもあります!マルボロもね。他・・・も。ほか、いろいろお得ですよ!
初めての方でも、安心の、お試しパッケージも充実してます!    

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

LM

おはようございます。Kindleがアメリカで発表になりましたね。この中でよさそうなのが、Kindle Paperwhiteのグローバル3G+WiFiモデル179ドルというやつ。ただ日本語のほうがどうなるのか、また日本語の書籍がどの程度なのかによりますけど。

ガリガリ君は食べず嫌いですね。なんとなく食べる機会を失しています。

ウドンにテンプラ食べすぎです。ダバオの分まで食いだめですか。

NIJIという怪しげなサイト・ソフトが出ています。一応見ることも出来ますが、そのうち著作権の関係で突然見られなくなる可能性大です。keyholeTVよりも音質・画質とも良好です。
by LM (2012-09-07 10:54) 

abozo

LMさん おはようございます。

Amazonの詳細レポート見ました。
日本での電子書店がまだかな?って見てますけど、まだですねえ。
koboがとにかくだめだめなので、Amazonへの期待が高まります。ソニーに行ってしまうかも?笑

ガリガリ君は、コンビニ行ってください。並んでますよ!笑

そうそう、食いだめかも知れません?笑 今日はなに喰おうかな? 

by abozo (2012-09-07 11:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1